くだもの狩り

​Fruit Picking

7月上旬~ ハウスぶどう

8月~9月 ぶどう狩り

ぶどう

美しい耳納連山の麓には、数々の歴史あるぶどう園があります。
開植の地を誇る巨峰を始めとして、さまざまな品種もそろう田主丸。
とびきり美味しいぶどうをぜひ味わいにいらしてください!

 

 

巨峰発祥の地であり、全国初の「観光農園ぶどう狩り」

「巨峰」という品種は、この世に生まれたものの育てるのが難しいとされていましたが、昭和30年、田主丸の5軒の農家がその栽培にチャレンジをし、その後のたゆまない努力と熱意によって、昭和35年、見事な実をつけました。
巨峰は、その大きな実と糖度20度という甘味でまたたく間に評判となりましたが、傷みやすい、粒落ちが早いと市場から閉め出されました。悩んだ挙げ句、園主たちは、消費者への直接PRに打って出ました。市場から相手にされなかった巨峰をひっさげて、テレビ局、ラジオ局、バス会社と、思いつく限りのところへでかけていきました。
こうして、バスツアーが実現し、巨峰が知れ渡ってくると、人々は噂の巨峰を一目見ようと田主丸へどっと押し寄せ、自家用車と観光バスの列は、延々と続き、町中大渋滞となりました。巨峰狩りは洒落たレジャーとして空前のブームとなり、こうして全国初の「観光農園ぶどう狩り」が誕生したのです。
現在では100軒を超えるぶどう園があり、その中の半分ほどが観光ぶどう園となっています。

最近はマスカットも大人気!!

9月下旬~12月中旬 柿狩り

柿の名産地、田主丸町は植木苗木の伝統に支えられて、古くからいい苗木に恵まれていました。
10月から12月にかけて、耳納連山の麓に広がる柿畑はオレンジ色に染めあがります。

 

福岡は富有柿生産日本一!柿狩り発祥の地、田主丸。

田主丸の特産品である巨峰のシーズンが9月の末ぐらいに終盤を迎えると、柿農家はそわそわ。吹く風に冷たさを感じ、朝夕の気温差が出てくると、柿が徐々に色づき始め、1年間、丹精こめて栽培してきた柿のシーズンの幕開けです。9月末から色づき始める早生(わせ)といわれるゴマがはいった「西村」、10月上旬から「伊豆」、「松本」、そしてなんといっても甘柿の王様「富有柿」が11月上旬から旬を迎えます。

いちご

かい! るい! おきい! まい!
福岡県のブランド苺「
あまおう」の食べ放題など、自然豊かな空間でいちご狩りを楽しめます!

中野果実園(要予約) 1月~5月中旬 0943-72-2967(090-9579-0927)
鳥越農場 (要予約) 1月~5月上旬 0943-72-1349(090-5287-2746)
樹蘭   (要予約) 2月~5月上旬 0943-72-4528(090-9577-4765)
右田果実園(来園順) 1月~4月下旬 080-6598-9869

 

 

8月中旬~11月中旬

いちじく

田主丸町ではぶどう狩りと同時期にスタートするイチジク狩り。
鮮やかなルビー色、肉厚な果肉、高い糖度、なめらかな食感。もぎたて完熟のみずみずしさをそのまま味わえます!

 

エコファームよこみぞ園 0943-73-0808

〒839-1213 久留米市田主丸町益生田1844

 

10月下旬~11月下旬

みかん

田主丸で最も高い処に位置する観光みかん狩り園の吉祥園。蜂の足跡のついたみかんは、傷があり、見かけは悪いけれど、減農薬栽培の証。酸味と甘みがほどよい味わいも人気です。

 

吉祥園(南) 090-3798-3415

〒839-1211 田主丸町森部904

 

〒839-1233 福岡県久留米市

田主丸町田主丸1015-2

TEL:0943-72-4956

  • Facebookページ/田主丸ファン倶楽部

田主丸町観光ナビ!

Copyright (C) 田主丸町観光振興会 All Rights Reserved
掲載内容の無断転載を禁止します

田主丸町観光ナビ!